さあ、向こうへ渡ろう。

旅に出て、たくさん見て、本を読む。そして伝える。

これを朝に食べたくて、台北までやってきたのだ。

f:id:genesan:20171119132116j:plain

 

朝5:00 台北

 

ちょっと早い朝食にします。

 

ホテルのビュッフェ?

いえいえ。

台北のあさごはんは、やはり外でローカルあさごはんでしょ!

 

f:id:genesan:20171119132124j:plain

 

今回台北で、かならず食べようと思っていたのが「豆漿」。

豆乳です。

MRT大安駅から歩いて数分の場所に、

名の知れた「永和豆漿大王」があります。

f:id:genesan:20171119131821j:plain

 

この雰囲気が好きなんですよね。

空がまだ暗い中、

早朝にしごとしてたり、

食事してたり、

バイクでテイクアウトしに来たりで、人が交差する感じが。

 

f:id:genesan:20171119132110j:plain

ぼくが行ったときは、

夜通しあそんできた若い学生グループが

テーブルを囲んで、豆漿たべておしゃべりしながらあったまってました。

夜食?朝ご飯?かな。

この周辺はクラブが近いですからね。

げんきだねえ。

 

 

『鹹豆漿を1つちょうだい。蛋餅もある?」

『あるよ。座って。』

 

ぼくは台湾あさごはんの定番

「鹹豆漿」と「蛋餅」を注文。

 

ワクワクがとまらんです。

 

前回トランジットで台北に寄ったとき、

これが食べたかったんですが、食べれなかった。

早朝フライトのため、ホテルでタクシーを待っているとき、

宿の数軒向こうに、朝食屋さんが仕事を始めていることに気づいたんですが、

まもなく、

タクシー出発時間になり、断念。

 

そんで、今回

どうしてもローカルの食堂で食べたかったんです。

台北来るまでに、ずっとイメージをしていました。

 

 

今回ついにいただけました。

鹹豆漿には、細かく切った揚げパンも入っています。

 

f:id:genesan:20171119132132j:plain

朝に豆腐!

あたたかくてからだも温まります。

 

蛋餅は、もちもちとおいしかった。

 

これですよ!これ!これ!

台北のあさごはん。これで満足です。

台北の朝はこれでしょ。

 

台北のホテルを予約するときには、

積極的に朝食プランをはずしましょう。

そして、早起きして、

ローカル食堂へむかう。

そこには、台湾人が愛する

暖かい食事が待っているんですよ。

 

また、いこっと。