読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さあ、向こうへ渡ろう。

旅に出て、たくさん見て、本を読む。そして伝える。

スリランカ・アーユルヴェーダの記録 ⑧毎日の薬について

f:id:genesan:20160816171122j:plain

 

 施術の1日目、2日目には、少々頭が痛いというか、若干頭に違和感を感じるというか、そんな感じもありました。

 

ほんのちょっとですけどね。

 

 

でもこの辺りのことは、最初のコンサルテーションで、ある場合もあるよって聞いていたので、想定内のことです。

 

 

 

 

 

気にせずスルーします。

 

 

 

 

さて、毎日の薬について。

 

 

毎日、午後15時00分頃になると、皆が薬を取りに所定のボックスに向かいます。

 

 

 

 

これは毎日の日課です。

 

 

 

 

毎日の飲み薬や錠剤が、各患者さんごとに作られ、準備されます。

 

 

 

毎日1日分を支給されるので、毎日決まった時間に取りに行くのです。

 

 

 

ヘルスセンターへ向かう途中の、コンサルテーションが行われる部屋の側に、その薬が置かれる棚があります。

 

 

 

その棚は、それぞれ部屋番号が書いてあるボックス状になっており、そこに各患者さんの薬が入っていきます。

 

 

 

はじめのうちは慣れないので、薬を取りに行くことを忘れそうになりました。

 

 

 

 

午後からのショートツアーに参加する人は、薬がピックアップできないのでは?と思うかもしれません。

 

ですが、ちゃんとレセプションとヘルスセンターの連絡が出来ているようで、ツアーに参加する人の薬は、早めに作ってあったりして問題なかったです。

 

 

ま、でも、ツアーに参加するときには、レセプションに大丈夫か確認しておきましょうね。

 

 

 

 

僕の場合、薬は基本こんな感じ。

 

f:id:genesan:20160816171205j:plain

 

朝 食前 粒・液体の2種類

朝 食後 粉1種類

昼 食後 テーブルで液体スプーン一口

夕方 粉薬

夕食前 液体1種類

夕食後 テーブルで液体スプーン一口

夕食後 21:00に粒

 

 

という感じでした。

結構多くないですか?

 

 

 

他の方はどうなのか分かりませんが、ちょこちょこと薬を飲みました。

 

 

時々ペーストの薬もありました。

 

 

 

 

瓶の液体の飲み薬ですが、飲み干した瓶は、部屋の外に出しておいて、スタッフが回収に来るパターンでした。

 

 

 

 一度、しっかりと粉薬や丸薬を味わってみましが、

不思議な味でした(笑)。