さあ、向こうへ渡ろう。

旅に出て、たくさん見て、本を読む。そして伝える。

スリランカ・アーユルヴェーダの記録 ①初日はまず、コンサルテーションからスタート。

f:id:genesan:20160816165100j:plain

 

バーベリンリーフでスタートするアーユルヴェーダトリートメント。

1日目はコンサルテーションから始まりました。

 

コンサルテーションでアーユルヴェーダドクターが問診や脈診をし、トリートメントの大まかな方向を決めていきます。

 

 

 僕の場合、コロンボに到着したのが、深夜0:00頃。

そして深夜2:00頃にホテルに到着。この日はもう寝るだけです。

 

スタッフ:「お腹すいてますか?」

僕:「うん。だいじょうぶ。ありがとう。」

 

 

ホテルの敷地内はとても穏やか。波の音が聞こえます。

バーベリンリーフは海沿いにあるアーユルヴェーダ施設です。

優しい明かりがホテルの敷地内に少しある程度で、まだ全体の様子などはよくわかりません。

 

 

「最初のコンサルテーションは明日の朝、10:00からです。」とスタッフ。

 

 

 その日にトリートメントが受けれるかどうかは、空港に着く時間やチェックインの時間にも関係してくるので、日本からの予約時に確認したておきたいところです。

 

また、当日トリートメント可能な到着時間を聞いてから、それに合わせて逆算してフライトを決めるのも1つの方法だと思います。

 

 

 

さて、コンサルテーションでは、

・過去の病歴

・手術歴

・アレルギーの有無

・使っている薬の有無

・現在の症状

 

などをドクターから聞かれました。

 

 

バーベリンリーフでは日本語通訳の方がいるので、同席をお願いすることができます。

 

でも、自分の症状を一度しっかりと把握し、まとめておくうえでも、ノートに症状をリストアップしておくのが良いと思います。

 

日本語と英語で両方書いて準備しておけば、お互いのコミュニケーションがとてもスムーズですね。

 

 

コンサルテーションでは、自己症状や気になっていることなどをどんどん伝えました。

例えば、冬に指先が冷えやすいことや、鼻づまりがることなどなど。

些細な症状でも気になっている事を伝えました。

 

そして、脈と血圧をチェック。

「血圧はちょっと高めね」とドクター。

 

意外でしたが、フライトで着いたばかりだからその影響もあるようです。

 

そしてこのコンサルテーションで、僕の滞在時のトリートメントスケジュールが決まりました。

トリートメントの内容や、トリートメントの時間、そして2回目のコンサルテーションの日時がドクターによってカードに書かれていきます。

 

このコンサルテーション時にはメモ帳を持って行って、ドクターに聞きたいことを聞いてメモしておきました。

 

例えば、毎日の薬をピックアップできる時間や、午後からの小旅行に行ってもOKかどうかなどなど。

 

 

「次の問診時には、このカードを持ってきてね。」

 

他のアーユルヴェーダ施設やドクターはどうなのか分かりませんがが、僕のドクターの場合、最初のコンサルテーションでの「ドーシャチェック」などはありませんでした。

 

 

 

1回目のコンサルテーションは、これで終了です。

 

 

カードには、毎日の基本のトリートメントとなる「ハーバルトリートメント」と「はり」の時間が書かれています。

カードには書かれていませんが、実際には、その後に湿布やハーバルバスなども行われました。

 

人にもよるのかもしれませんが、1日のトリートメントではなんだかんだ2〜3時間ほどかかります。

薬をちょこちょこと飲むし、思っていたよりもやることが多く感じた印象です。

 

初日はこのようなコンサルテーションから、スタートしました。